子供に話すお金の話

子供に話すお金の話

NTTイフ

サイトマップ

第36回:一度にたくさんのお金を貯める方法はあるの?

皆さんが今一番したいことは何でしょうか。「海外旅行に行きたい」「高級レストランでおいしいものを食べたい」あるいは「たくさんの素敵な洋服を買いたい」など、色々なことがしたいかもしれません。しかし、それを全てやろうとすると、たくさんのお金が必要ですね。そのため皆さんはたくさんのお金があったらなぁ・・と思ったことはありませんか?そこで今回は、「一度にたくさんのお金を貯める方法はあるの?」という題でお話したいと思います。


一度にたくさんのお金を貯める方法は?

みなさんは、「一度にたくさんのお金を貯める方法」というと、どんな方法を思いつくでしょうか。ここでは「宝くじ」「競馬」「株の投資」の3つの方法について考えてみたいと思います。

1.宝くじ

宝くじというのは、あるお金を支払ってくじ引きを買い、当選するとお金がもらえるというものです。年末ジャンボ宝くじやサマージャンボ宝くじの場合、300円で宝くじを買って1等が当たると、なんと2億円。前後賞をあわせると3億円にもなる、夢のようなお話です。ちなみに3億円というのはどれくらいのお金かみなさんは想像できますか?大学や大学院を卒業した男の人が一生かかって稼ぐお金がだいたい2.7億円ぐらいですから、3億円が当たれば一生働かなくても生活できるぐらいのお金であることがわかります。

ただし、宝くじの1等が当たる確率はどれくらいかというと、なんと1/1000万。2等の1億円も1/500万ですので、実際に当たることは滅多にありません。では、当たる確率を上げる方法はないのでしょうか。これは、宝くじをたくさん買えば当たる確率は増えます。

では、例えば全ての宝くじを買ったらお金は儲かるのでしょうか。全ての宝くじを買えば、1等だけでなく2等も3等も全て当たることになるので、一見儲かりそうな気がしますね。ところが、残念ながら全ての当選くじを合計しても、宝くじを全て買った金額の50%、つまり半分ぐらいにしかなりません。

このように、宝くじは当たると大きいのですが、その代わり滅多に当たることはなく、また宝くじを全部買いしめたとしても儲かるということはありません。


2.競馬

では、次に競馬で儲けることができるかどうかを調べてみましょう。競馬は、何頭かで競走する馬のうち、どの馬が勝つかを予想してお金を賭けます。賭けるときには、馬の番号と名前が書いてある「馬券」というものを買います。そして、馬券を買った人たちから集めたお金は、実際に勝った馬の馬券を買った人たちに平等に分配される仕組みになっています。競馬の場合は、宝くじと違って、強い馬に賭ければ勝つ確率も高いのですが、強い馬は多くの人が賭けるため、当たる人数も多くなるので分配金も少なくなります。逆に弱い馬は賭ける人が少ないため、当たると分配金も多くなりますが、勝つ確率は低いということになります。ちなみに、今までの馬券の最高額は2009年2月4日に出た船橋競馬での1191万円です。実に10万倍以上のお金を儲けたことになります。

では、競馬で大儲けはできるのでしょうか。競馬の場合は弱い馬に賭けないと大儲けはできないのですが、そもそも弱い馬が勝つ確率がとても低いため、大儲けはなかなか難しいということが言えます。ちなみに、先ほど宝くじを全部買ったときのように、馬券も全て買ったらお金は儲かるのでしょうか。残念ながら、当たった馬券を集めても、買った馬券の75%ぐらいしか戻ってきません。競馬も宝くじと同様、実際に儲けるのは難しいということが言えます。


3.株の投資

次に株の投資で儲けることができるかどうかを調べてみましょう。

まず、そもそも株とはいったいどんなもので、どうするとお金を儲けることができるのでしょうか。
株とは正確には「株券」といわれるもので、会社が発行する証明書のようなものです。株を持っていれば、その会社が儲かったときにお金を受け取ることができるというメリットがあります。この株は自由に売買することが可能で、人気がある株は値上がりをし、人気がなくなると株の値段は下がります。「株の投資」とは、この株を売買することで行います。

例えば、100万円で買った株が120万円に値上がりすれば、20万円の儲けになります。ところが、逆にその株が80万円に値下がりすれば、20万円の損になります。つまり、値上がりのしそうな株を買うことが儲けることができるかどうかのポイントとなります。

このようにお話すると、儲かっている会社の株に投資をすれば簡単にお金儲けができそうな気がしますが、実はそんなにうまくいきません。なぜなら、儲かっている会社は他の人も欲しいと思っているので人気があるため、株の値段はすでに高いのです。また、その会社の業績が悪くなれば株の値段は値下がりをしてしまうので、結果として損をしてしまいます。逆に儲かっていない企業の株は人気がないので安く買えます。そして、その会社が将来成長することがわかると人気が出てくるので、株は値上がりし、結果として儲けることができます。つまり、今儲かっているかどうかよりも、将来儲かる会社になるかどうか、の方が大事なのです。

では、株で実際に大儲けをすることはできるのでしょうか。

これは今お話したとおり、将来伸びる企業がどの会社かを予想できれば、大儲けをすることは可能です。
つまり、その株の人気が出る前で株が安いときに投資することが儲かるコツなのです。ただし、そのためにまずは投資する会社のことをしっかりと勉強することが重要ですし、それだけではなくライバル会社や業界全体についても知っておく必要があります。また、さらにはその業界全体が成長する産業かどうかについてもよく知っておく必要があります。

また、実際には事前によく勉強をしていたとしても、「その会社が儲かりそうだ」ということが新しい情報でわかった場合、情報はあっという間に全国に広がりますので、すぐに値上がりをしてしまいます。そのため、誰よりもいち早く情報をキャッチして誰よりも早く株を買う、あるいは将来儲かると前から予想して買っておかないと大儲けすることは難しいでしょう。


確実にたくさんのお金を一気に稼ぐのは難しい!

宝くじ、競馬、株の投資はどれも一気にお金を稼ぐことができる可能性はあります。ただし、宝くじや競馬で稼ぐことのできる確率はとても低いでしょう。一方で株の投資はきちっと勉強をして将来が予測できれば確実に大儲けができるので、確率は高いかもしれません。しかし、それなりに勉強が必要ですし、株の投資のプロである投資家たちを相手に、それよりも早く値上がりする株を見つけて、みんなが儲かると気づく前に投資をすることも簡単ではありません。

結論から言うと、宝くじや競馬、株などで確実にたくさんのお金を稼ぐのは難しく、やはり「楽して確実にたくさん儲ける」という手段はこの世の中にはないのかもしれませんね。


執筆:坂本光(さかもと ひかる)CFP
一級ファイナンシャルプランナー・CFP®、日本キャリア開発協会認定キャリアカウンセラー、日本応用カウンセリング審議会認定心理カウンセラー。2006年5月週末起業を決意し、通信会社に勤務しながら合同会社FPアウトソーシング代表を務める。ファイナンシャルプランニングに関する個別相談・セミナー講師としても活動中。

Copyright(C) NTT IF Corporation